肝臓機能の数値γ-gtpとは?

血液検査をした場合、肝臓機能の数値の項目のひとつとして「γ-gtp」というものが表記されている事があります。
「γ-gtp」とは「ガンマジーティーピー」と読むのですが、これは肝臓の解毒作用に関与している酵素であるγ-グルタミルトランスペプチダーゼの略です。ど ういうものなのかというとタンパク質を分解する作用を持っている酵素で、腎臓に多く含まれているのですが肝臓にも含まれています。この酵素によってタンパク質 を分解して解毒する事ができるようになっているので、当然ある程度の数値は必要になっていきます。
ですがγ-gtpは肥満や過度の飲酒、胆汁・胆管に何らかの異常が出ると数値が高くなってしまうという特徴を持っています。それによって、肝臓そのものや周辺 の臓器に異常が出ていないかどうかを判断する事ができるのです。そのため基本的に数値は以上であれば高くなってしまうことが多くなっているので正常値よりも低 くなると言う事は余りありませんし、上記の理由以外にも服用している薬の種類によっては数値が高く出てしまうこともあるため、その点を踏まえつつほかの数値と 合わせて肝臓に異常がないかどうかが診断されるようになっています。

前へ
次へ
ページのトップへ戻る